wararyo SoundWorks

DTMをガチでやりたいとある学生が、自身の経験と成長を記録していくメディア。

見落としてない?PluginBoutiqueで買い物したら無料で音素材がもらえます

time 2018/02/14

見落としてない?PluginBoutiqueで買い物したら無料で音素材がもらえます

Plugin Boutiqueにはポイントのようなものが2種類あるようです。wararyoです。

みんな大好きPlugin Boutique。

この間そこでプラグインを買ったところ、とある記述を発見しました。

Virtual Cash“はポイント的なものだとして、“Rewards+”ってなんだ

詳しくみてみたところ、気づいていない日本人も多いであろうオトク情報を見つけてしまったのでシェアしておきます。

sponsored link

Rewards+とは

軽く翻訳してみました。PIBとはPlugin Boutiqueの略みたいです。

PIB Rewards+とは、PluginBoutique.comの、ユーザーにPIBをずっと好きでいてもらうための重層的な仕組みです。これはあなたが購入して払った金額に基づいています。要はこういうことです: あなたが私たちのショップで50ポンド支払うほどに、賞品の一つへの資格を得ます。一回の購入で50ポンドの2倍以上支払った場合は、複数のRewards+が手に入ります。

VST Plugins, Synth Presets, Effects, Virtual Instruments, Music Plugins from Pluginboutique https://www.pluginboutique.com/rewards

「要はこういうこと」といいつつ日本語にするとすごく分かりにくい説明なんですが、
つまるところ50英ポンド(日本円で7500円くらい)Plugin Boutiqueで買い物するごとにReward(s)+が手に入り、それを賞品と交換できるということですね。

で、何と交換できるんでしょうか?

「賞品」として交換できるもの

追加のVirtual Cash

先述の通り、Virtual Cashとはポイントみたいなもんです。VCは購入金額の5%と一定の割合が貯まるので、ヨドバシゴールドポイントに近いです。
Reward+ 1トークンにつき、1.25英ポンド(日本円で190円くらい)と交換できます。

音素材パック

ドラムループや声のサンプル、MASSIVEやSERUMのプリセット集と交換できます。

交換に必要なRewards+は必ずしも1トークンではなく、2~3トークン必要なものもあります。

プラグインのクーポンコード

Plugin Boutiqueの商品のうちいくつかが安く変えるクーポンコードと交換できます。

音素材と同様、交換にRewards+2トークンが必要なプラグインもあります。

音素材と交換する方がお得

さて、Rewards+は以上の3種類と交換できるわけですが、ぶっちゃけ言うと欲しい音素材が偶然交換出来たり、欲しい音源のクーポンコードがあるなんてことはめったにないと思われます。

「じゃあ、追加のVirtual Cashと交換するのが無難だね」そう思う方もおられるかと思います。

しかしそこは商売、Virtual Cashと交換するのは全然お得じゃないです。

計算してみましょう。

Rewards+3トークンと交換できるこちらの音源。

ネットで検索してみると、5,259円でした。

一方同じ3トークンを追加のVirtual Cashに交換してみると、得られるのは3.75英ポンド。日本円にして560円ほどです。

 

どうでしょう。560円と5,259円、実に9倍以上の差があります。

Rewards+を追加のVirtual Cashに交換するのがいかに微妙かお分かりいただけると思います。

もちろん交換できる音源もクーポンコードも全然欲しくならないという場合は追加のVCと交換するのが賢いということになりますので、そこは自分の音源事情と相談してください。

 


 

以上、Plugin BoutiqueのRewards+の仕組みの概要でした。

Plugin Boutiqueで買い物をしたことがあったけどコレの存在を知らなかった方がいましたら、是非下記サイトに訪れて、どんな音源やクーポンコードと交換できるのか見てみてはいかがでしょうか。

https://www.pluginboutique.com/rewards

最後に一応言っておくと、この記事を書くにあたりPlugin Boutiqueからは一銭ももらってません

\シェアできます/

sponsored link

down

コメントする

現在、異なる記事にコメントが投稿されてしまう不具合が発生しています。どの記事へのコメントかわかる記述を入れてもらえると幸いです。