wararyo SoundWorks

DTMをガチでやりたいとある学生が、自身の経験と成長を記録していくメディア。

駆け出しDTMerはモニタースピーカーを使わない方がいい説

time 2017/06/09

駆け出しDTMerはモニタースピーカーを使わない方がいい説

音の正確さよりモチベーションの維持が大事だと思います。wararyoです。

DTMerを初めていくらか経つと、とりあえず欲しくなるのがスピーカーだと思います。
そこで「DTM スピーカー」で検索すると、

DTMするならモニタースピーカー!おすすめはYAMAHA MSP3!」などと書いてあるのが多いことがわかります。


(別にMSP3をオススメしてる訳ではないのでクリックしなくていいです)

確かにミックスをするならモニタースピーカーがあるといいんでしょう。原音に近い音を聴ける環境があるとないとでは大違いです。

ただ…駆け出しDTMerにそれをオススメするのはどうなんでしょうか

今からDTMを始めようという人は、モニタースピーカーではなく、普段使いもできるリスニング用スピーカーを導入するべきだと思うんです。

これからその理由をいくつか述べていきます。

目次

前提

その前に、初心者DTMerがモニタースピーカーを使うときの前提を考えておきます。

  • モニタースピーカーはDTMする時だけ使い、リスニングの時には使わない
  • 他にまともなスピーカーは持ってない
  • モニタースピーカーでは「気持ちのいい」音は出ない

sponsored link

単純にもったいない

DTMだとかモニターだとかは一旦抜きにして、
特定の時にしか使えないスピーカーって、もったいないと思いませんか。
いや勿体無いならDTMしないときも使えばいいじゃんって思うかもしれませんが、モニタースピーカーから出る音にユーザーが「気持ち良さ」を感じられないなら、普段はお気に入りのイヤホンとかを使ってしまうでしょう。意識してモニタースピーカーを使おうとするくらいなら最初からリスニング用スピーカー買っちゃった方が幸せになれます。

自宅でモニター環境の構築はできない

スピーカーを使って、自宅でモニター環境を作るのは無理です。

自宅とスタジオは違います。
ミックスを行うスタジオが頑丈な壁、徹底された吸音、そしてこだわり抜かれた音響を持ってるのに対し、あなたの部屋はそれに遠く及ばないものです。スピーカーが良くても部屋の音響がダメだったらモニター環境は構築できません

フツーの部屋で音を出した場合、例えばその音は部屋に反響して天然のリバーブがかかってしまいます。例えば低音が干渉してバランスが崩れたりします。

めちゃめちゃお金をかければ別ですが、一般的におうちでモニターできる環境を作りたかったらモニターヘッドホンしかないと思ってください。

干渉の確認はリスニング用でもできる

DTMerがモニタースピーカーを使うべき理由として、「ヘッドホンと違って、左右の音波の干渉が確認できる」というのが挙げられています。

しかし、それ別にモニタースピーカーじゃなくてもできますよね
偶然にもそのスピーカーでは出ない/弱い帯域で干渉しちゃう可能性を考えればフラットな音のスピーカーの方がいいのかもしれませんが、それは趣味DTMerでもモニタースピーカーを使うべき理由としてはそこまで強くないでしょう。

余計に音が歪む

正しい音が出るはずのモニタースピーカーで初心者がミックス/マスタリングをすると、余計に音が歪むとはどういうことでしょうか。
これは普段からモニタースピーカーを使っていないことが招く悲劇です。

低音大好きDTMerの例え話

とある所に低音大好きな駆け出しDTMerが居たとします。彼はBOSEのヘッドホンを使っており、さらにイコライザーで低音マシマシにしています。

DTMを始めるにあたってモニタースピーカーを導入しました。
そのスピーカーは彼からしたら、低音がかなり痩せた音です。でもそれが「フラット」であり、「原音」により近い音です。

彼はそのモニタースピーカーで見よう見まねでミックスします。するとどうでしょう、いつもの低音を求めて低音モリモリミックスをしてしまったではありませんか!!


このように、DTMする時にしか使わないリスニング環境があった場合、そのリスニング環境で、いつも自分が聴いてる自分の好きなサウンドを目指して歪んだミックスをしてしまう可能性があると思いませんか。リファレンスをもってミックスするのはいいことじゃんって思うかもしれないけどそうじゃないんです。普段聴いてるリスニング環境の音を、(普段使わない)フラットなDTM環境で再現しちゃおうとすることが問題なんです。

「そういうことなら低音モリモリにならないように気をつけながらミックスすればいいだけだろ」っていう意見もあるかもしれませんが、そこで次の問題が生じます

モチベーション維持の問題

ぶっちゃけこれを言いたいがために前2つの理由を後付けしました
モチベーションの問題です。

DTM初期はショボい音しか出せなくて辛いです。自分の好きなアーティストの脳汁サウンドなんてのはそう簡単に再現できるもんじゃありません。

それでも偶然にもいい感じの音が作れる瞬間は存在します
その偶然出来たいい感じのサウンド、「フラット」なモニター環境と、普段の曲聴きにも使うお気に入りのリスニング環境、どっちで聴いた方が気持ちよく感じれるでしょうか?
もちろん、お気に入りのリスニング環境で聴いた方が脳汁を感じられますよね。

そうしたちょっとした「偶然できた良いサウンド」をしっかり逃さず、自分で気持ちいいと思えること、これは確実にモチベーションに繋がります。
そしてモチベーションを感じていくことで、DTMを挫折せずに続けていくことができます。

DTMerにとって、正しいミックスをすることと、DTMを続けること、どっちが大事でしょうか?答えは明白です。

 


もちろんいろんなリスニング環境を用意できるなら、フラットな音が出る環境も用意するべきです。
でもそれはお金が無限にあればの話です。DTMに投資できるお金が限られている初心者DTMerにモニタースピーカーを買わせるのは若干、酷な気がします。

モニターヘッドホンは買うべきだと思います。15,000円程度の出費で済みますし。

趣味でDTMをする人にとって大事なのは、DTMをできるだけ楽しくできることです。良い曲が作れればなお良し。

最後に、これだけは告白しておきます。僕はモニタースピーカーを持っていません。普段はリスニング用スピーカーとモニターヘッドホンで作業してます。
なので、この意見は若干偏りがある可能性があります。使わないとわからないモニタースピーカーの魅力があるのかもしれません。

 

あなたはどう思うでしょうか。

\シェアできます/

sponsored link

down

コメントする